美しい森をつくろう│間伐も利用し緑を多くする

男女

草刈りをするタイミング

雑草

雑草は雨が降った後に成長するので、草刈りを行なうならその後がちょうどいいタイミングといえるでしょう。梅雨の時期は雑草がかなり伸びますので、梅雨があけたらすぐに草刈りをしてください。

この記事を読む

植木屋を選ぶなら

男性

大阪にある植木屋では、どんなお客さんにも対応することができるように、様々な取り組みを行なっています。植木の手入れだけでなく、その周りの芝生の手入れや、庭掃除などの取り組みをしています。

この記事を読む

間伐をすることで

木

間伐という言葉を聞いたことがないという人もたくさんいると思われます。これは森にある木を切ることですが、全てを切るわけでなく木と木の間隔を空けるために切ります。何故、このようなことをするのかといいますと、森の成長を促すために行なうのです。たくさんの木が混み合って密集していると、木の枝や葉が伸びなくなってしまうのです。そうなると少しずつ木が衰えてしまうので、それを避けるために間伐を行ないます。適度な間隔を空けられるように木を切ることで、他の木に影響されることなく成長していきます。それだけでなく、間伐を行なうことで土砂崩れなどの自然災害を防ぐことができます。たくさんの木があることで、地面に太陽の光が当たらなくなってしまうのです。そうなると土地がやせてしまい、草なども生えない森になるかもしれません。それが原因で太い木ではなく、細長く弱い木になってしまいます。そういう木は大雨などで土と一緒に流されてしまいます。そういう木を増やさないためにも間伐が必要なのです。間伐は自然災害を防ぐだけでなく、地球温暖化防止にも繋がります。木を切ると自然を破壊していると思われますが、木が成長しないと二酸化炭素を吸収することができません。全ての木を切らずに行なうため自然を破壊することにはならないし、太陽の光が差すことで健全に成長することができ、美しい森にすることができます。それだけでなく、多くのメリットが間伐にはあるのです。

ガーデニング初心者は

土と植物

大阪にある園芸店やホームセンターには初めてガーデニングをしようとしている人のために、様々な取り組みを行なっています。初心者のために基本的なことを教えてくれるお店がいくつかあります。

この記事を読む