美しい森をつくろう│間伐も利用し緑を多くする

植物

草刈りをするタイミング

雑草

雑草が多くなるといろいろな被害がありますので、早めに草刈りを行なってください。どういった被害があるのかといいますと、雑草が伸びるとたくさん虫が生息してしまいます。虫の中には人を刺すものがいてそれが原因で、倒れてしまうという可能性があります。それに自分だけでなく近所に住んでいる人達にも被害が出るかもしれません。何かあってからでは遅いということで、多くの人が草刈りを行なっているのです。草刈りは専用の道具などを使いますので、とても大変な作業といえるでしょう。何回も同じような作業をしないためにも、草刈りを行なう時期を考えて、ちょうどいい時期に行なうことをおすすめします。草刈りと聞くと、夏に行なうというイメージを持っている人が多いでしょう。雑草は水を吸収することで成長するので、雨が降った後に伸びていきます。特に、梅雨の時期には毎日のように雨が降るのでどんどん成長していきます。ですから、梅雨の時期が終わった後の夏が一番いい時期といえるはずです。夏になると虫が多くなってきますので、虫が住み着く前に草刈りを行なってください。そうすれば虫による被害を防ぐことができますし、お家をキレイな状態のまま維持することができます。夏以外の時期に行なう場合は、雨が降った次の日に切ったほうがいいです。草刈りを行なう時に使用する道具は危険なものが多く、扱いに注意しないと怪我をするかもしれません。上手く道具を扱えないという人は草刈りを行なっている業者に依頼しましょう。